【横河原沿線さんぽ vol.2】週4時間だけ開店するたこ焼き屋さん(梅本駅)

松山市と東温市をつなぐ、伊予鉄道横河原線。
横河原線の車窓から見える、何だか気になるもの、噂に聞いていたお店…。
有名無名関係なく、目安としては駅から徒歩5分圏内のおすすめスポットを、少しずつご紹介していくシリーズ。
うっかり更新の間隔があいてしまいましたが、Instagramには載っていないような、ちょっとマニアックで役に立つ?情報をお伝えします。

第2回は【梅本駅】駅前の野菜直売所とたこ焼き屋さん

梅本駅の改札を出ると、すぐ左手に見えるプレハブの建物。
民家の一部のような場所ですが、松山市や東温市で採れた旬の野菜や果物が売られています。

この冬は白菜や大根、みかんなどの柑橘類が多く並んでいました。

なんと夏には、大きなスイカがいっぱい…!
(キャノンボールという品種があること、ここで見て知りました)

また日によって、お米や手作りポン菓子、白菜漬けやお惣菜が売られていることも。

朝はコンテナにいっぱい並んでいた品物が、夜にはほとんどなくなっていることもあるくらい、駅を利用している方が多く立ち寄っているようです。

 

そんな、一見よくありそうな野菜直売所ですが、なにやら気になる看板が。。

そうなんです。この直売所では、毎週月曜日の14時~だいたい18時頃まで、週4時間だけ‟たこ焼き”も販売されているんです。

いつもは片隅に置いてあるたこ焼き機が月曜日だけ出てきて、おばちゃんがその場でアツアツのたこ焼きを焼いてくれます。
お値段は、8個入り200円、12個入りで300円!

普通のたこ焼きなのですが、ちょうど良いふわふわ感と弾力と、少し甘さもある生地が美味しくて、つい私も何度か買って帰っています(笑)

夏に買いに行ったときは、「毎日暑いね~。でもこんなに暑くても、仕事帰りにたこ焼き買ってくれる人が結構いるから、年中焼いてるのよー」
つい先日も「今日は寒いね~。石鎚山まだ雪が降っとるみたいよ。桜もなかなか咲かんねぇ」と。
店主の方が気さくに話しかけてくださるところが、ついまた買いたくなってしまう理由でもあります。

赤いのぼりが出ている日はたこ焼きの販売日。
毎週月曜日、約4時間だけしか出会えないレアなたこ焼きを、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

 

ちなみに、4月4日限定で「お花見弁当」も販売されるそうです。
これまたたった一日限定販売。レア…!
4月1日現在もまだご予約できるようでしたので、4月4日はぜひお弁当を片手にお花見に出かけてみては。

 

そして私がもう一つ気になっていること…梅本駅周辺、野菜の直売所がやたらあります。
無人販売も含めると私が気づいただけでも、駅から徒歩5分圏内に6ヵ所はあります。そして売り方や、売っている場所がなかなか面白いのです。

(この裏に炬燵が置いてあり、時々住人の方が座って販売されているみたいです)

(おそらく今は閉店されている、「カラオケ喫茶アロハ」さんの店先)

(こちらもおそらく今は使われていない「宗ちゃん食堂」の店内で販売)

松山市内の住宅街の中で、こんなにも直売所がたくさんあるのは珍しいような気がしていますが、どうなのでしょうか…。

 

マニアックな情報で締めになってしまいましたが、普段は使わない駅でも、ふらっと途中下車して散策してみると、面白い発見があるかもしれません。
何気ない町や駅周辺の情報を、今後もこっそりお伝え出来たらと思います。

 

The following two tabs change content below.
Hitomi Takeuchi

Hitomi Takeuchi

本屋と美術館とキャバリアが好き。横河原線ユーザー歴2年目。 松山ブックマルシェ実行委員、NPO法人松山子ども劇場21広報部、アートNPOカコア所属など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です