451BOOKS(岡山)【滑川 BOOK CAMP】出店本屋さんのご紹介① 

2018年11月18日(日)東温市・なめがわ清流の森で開催する「滑川 BOOK CAMP」

“森の中で本を楽しむ日曜日”を一緒に作ってくださる本屋さんを、一軒ずつご紹介いたします。
1店舗目は、岡山から特別出店!451BOOKSさん

451BOOKS

岡山県玉野市児島湖のほとりに建つ少し変わった倉庫のような建物、そこが「451BOOKS」。
一級建築士である店主・根木慶太郎さんが自ら設計されたお店です。扉を開けるとまず目に入るのが、お店のシンボルにもなっている螺旋階段。わくわくしながら階段を上ると、絵本や洋書、ZINE、リトルプレス、店内どこを見回しても気になる本がいっぱいです。

451BOOKSさんは、「瀬戸内ブッククルーズ」というプロジェクトを立ち上げ、先月10月26・27日にも「イチョウ並木の本まつり」を主催されたりと、本にまつわる活動を精力的に行われています。「松山ブックマルシェ」にも第2回から出店してくださっています。

今夏発行された「全国 旅をしてでも行きたい街の本屋さん」(株式会社G.B.)、「日本の小さな本屋さん」(和氣正幸)でも紹介された、岡山を代表する本屋さんです。

第6回松山ブックマルシェでの出店の様子

 

特別企画『大人のための絵本講座』

今回は出店だけでなく、出張版『大人のための絵本講座』も開催してくださいます!

『大人のための絵本講座』
15:00~16:00
講師:根木慶太郎(451BOOKS)
参加費:500円 / 定員:10名【要予約】
愛媛県初開催!岡山の素敵な本屋さん451BOOKSの店主・根木慶太郎さんを講師にお迎えして、出張版『大人のための絵本講座』を開催します。
絵本の中に隠された秘密と楽しさ、子どもだけのものにしておくのはもったいない広くて深い絵本の世界を、作家の生涯を辿り時代の背景に触れながら、大人ならではの目線で紐解いていきます。
●紹介絵本:モーリス・センダック「かいじゅうたちのいるところ」

※『大人のための絵本講座』は予約制となっております。参加ご希望の方は、メール(event.ron3@gmail.com)または、滑川清流クラブ(080-3922-1675)までお申し込みください。

 

451BOOKS店主・根木慶太郎さんが選ぶ『秋の野外で読みたい1冊』は・・・
「ワンダー Wonder」(R・J・パラシオ)

2016年の小学校高学年用課題図書だった「ワンダー Wonder」。
遺伝子の異常のため人と違う容姿を持つ少年オーガスト。
10歳になり、初めて学校に通うことになり、そこで直面する偏見と好奇の目の中、同世代の子どもたちとの友情、家族の愛情、取り巻く大人たちの思い、そして彼自身の成長を描いています。
この作品のクライマックスとも言える終盤の夏のキャンプの出来事は、誰もが偏見や困難に立ち向かえることをきっと教えてくれることでしょう。
児童小説としても楽しめますが、大人の課題図書としてもおすすめできる「ワンダー Wonder」には、アナザーストーリーや番外編も用意され、さらに読書が広がっていくことを期待しています。

 

451BOOKS
住所|岡山県玉野市八浜町見石1607-5
☎0863-51-2920
営業日時|土日月祝 12:00~18:00
https://www.451books.com/

 

滑川 BOOK CAMPの詳細はこちら

森の中で本を楽しむ日曜日 『滑川 BOOK CAMP』2018年11月18日(日)開催【愛媛県東温市】

滑川 BOOK CAMP
日時:2018年11月18日(日)11:00〜17:00
会場:なめがわ清流の森(東温市滑川甲1422)
FBページ:https://www.facebook.com/events/974678076050113/

 

The following two tabs change content below.
Hitomi Takeuchi

Hitomi Takeuchi

本屋と美術館とキャバリアが好き。横河原線ユーザー歴2年目。 松山ブックマルシェ実行委員、NPO法人松山子ども劇場21広報部、アートNPOカコア所属など。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です